防錆・防食工法  

マイティCFは、主成分アルカリ分子を特殊な高分子で包み、鉄の表面を黒錆に換えて、安定した防錆層を形成するとともに、塗膜自体が通気性を有しているので、素材の水分を蒸発させ、弱アルカリ性を維持するため、長期的な防食効果を発揮することができます。
下地処理も3種ケレンで良いため、海洋構造物や鉄道橋をはじめ、ビルの外階段や手摺等において数多くの優秀な実績を示しております。

 @マイティCF防錆・防食工法 標準施工法  

 マイティCF防錆工法 (1.0kg/u仕様)  
工   程
塗布厚μ
材料所要量 
kg/u
備     考
 @下地処理
 
(1)第3種ケレン
(2)油脂分等の完全除去
 AマイティCF
   塗布2回
300μ 以上
1.0kg/u
(1)刷毛、ローラー、吹付け
(2)吹付には自在型リシンガン等を使用
(3)塗り重ね前に施工面を清掃
 B仕上げ塗料
  塗布2回以上
使用する仕上げ塗料は現場状況や環境により選択
  詳細は、資料の「標準施工要領書」をご覧下さい

 マイティCF重防食工法 (1.5kg/u仕様)  
工   程
塗布厚μ
材料所要量 
kg/u
備     考
 @下地処理
 
(1)第3種ケレン
(2)油脂分等の完全除去
 AマイティCF
   塗布3回
450μ 以上
1.5kg/u
(1)刷毛、ローラー、吹付け
(2)吹付には自在型リシンガン等を使用
(3)塗り重ね前に施工面を清掃
 B仕上げ塗料
  塗布2回以上
使用する仕上げ塗料は現場状況や環境により選択
  詳細は、資料の「標準施工要領書」をご覧下さい

 AマイティCF防錆工法 施工例        東京都台東区上野 アルベルコ上野外装改修工事 H.14.11.施工  

11階建マンションの鉄製非常階段及び手摺をマイティCFで塗り替え


 AマイティCF防食工法 施工例  山口県下関市発注 下関フィッシングパーク釣り桟橋新設工事 1984.9.施工  

海へ約200m突き出した釣り桟橋の桁・梁の塗装にマイティCFを採用。
トップコートは塩ゴム仕様。17年目にトップコートのみ汚れのため、塗り直しを施工。20年余を経過して、問題なく共用中。

1984.9.新設. 完成時の状況


2001.トップコートが汚れたため、
トップペイントのみ塗り直し施工

桁・梁にマイティCF:1.0kg/u、
トップコートは、塩ゴム